体育館のフローリングブロックメンテナンス事例

前のページに戻る 

工場塗装と現場塗装の見分け方

フローリング断面図 上記イラストはフローリング断面図です。
よく見ると、フローリングには面取りされたものと面取りされてないものに分けられます。

フローリングの面取 面取りされていないフローリングは、一般的 には無塗装で出荷されます。フローリングを 貼ると、左図のような目違い(小さな段差) が発生しますので、これを解消するためにド ラムサンダー掛けを行い、ウレタン塗料を3 〜4回塗装して引き渡しされることが多いで す。 こうして現場にて塗装されたフローリングの 塗膜層は、「現場塗装」と呼ばれます。 一方、面取りされたフローリングは、一般的には 工場にて塗装されて出荷されます。工場にてあら かじめ塗装して出荷されたフローリングの塗膜層 は、「工場塗装」と呼ばれます。 フローリングを貼った後にドラムサンダー掛けを 行うと、せっかく工場にて塗装された塗膜を削り 取ってしまいますので、工場塗装されたフローリ ングにはドラムサンダー掛けを行いません。 目違いを感じにくくするためにも、フローリング には面取りを施して出荷するのが一般的です。


表面化粧板の厚みの見分け方

表面化粧板の厚みの見分け方 表面化粧板に厚みがある場合は、面取り加工は化粧板に施されています。 表面化粧板が薄い場合は、面取り加工は下地合板に施されています。

#
表面単板の厚いフローリングと表面単板の薄いフローリング 上からフローリングを見た場合に、上のイメージ図のように見えます。 表面単板の薄いフローリングは、面取り部分の材の違いで異なったカ ラーのラインが入ったように見えます。 このフローリングは、100%工場塗装と判断出来ます。

 このページのトップへ戻る