フローリングの種類 フローリングメンテナンスについて

フローリングの種類

国内の使用量で95%以上を占める家庭用フローリングは、世界においては一般的なフローリングではありません。海外において通常「フローリング」と呼ばれるものは、無垢フローリングと積層フローリング、集成フローリングで、いわゆる家庭用フローリングは、日本と韓国でのみ流通しています。正確には、家庭用フローリングも積層フローリングの一種ですが、海外で一般的に使用される積層フローリングとは決定的な違いがあります。

無垢フローリング、積層フローリング、集成フローリングは、その工法は違っても大きい意味での特長やメンテナンス方法はほぼ同じであり、同じ「フローリング」という文字がついていても、家庭用フローリングとは大きく異なります。

しかし国内では、そのどちらをも称して「フローリング」と呼ぶことが多いため、その言葉だけをとらえ、違ったフローリングの話をしているにも関わらず、間違った判断をしたり、間違ったメンテナンス方法をとってしまう場合もありますので、注意が必要です。

単層フローリングと複合フローリング
フローリングには、大きく分類すると、単層フローリングと複合フローリングがあります。

単層フローリング
単層フローリング
無垢材を使用した無垢フローリングです。
複合フローリング
複合フローリング
合板の上に木である単板を貼り合わせたもので、積層フローリング、集成フローリング、家庭用フローリングがあります。

フローリングの種類と特長

無垢フローリング(単層フローリング)
  • 無垢フローリング
  • 加工複合フローリングには、その製造工程に接着という工程があり、構成物の相性や加工に不向きな材種もあります。単層フローリングは、原木からそのまま切り出して作られるため、そのような制限がありません。
  • 変形割れ 乾燥による変形や割れなどの狂いが生じにくい。
  • 寿命研磨をすることによりリフォームが可能で、床材としての寿命が長い。
  • コスト柾目を取れる部分が少ない。

このページのトップへ戻る

積層フローリング(複合フローリング)
  • 積層フローリング
  • 特長合板の台板の上に、3〜6ミリ厚(ピース・挽材など)の単板を貼り合わせたもので、合板を使用せずに繊維方向を同一にして積層された、「LVL」という積層フローリングもあります。
  • 加工台板は繊維方向がクロスするように構成され、寸法に狂いが発生しにくい。
    無垢板に比べ材料の使用効率が優れ、作成サイズに幅がある。
  • 変形変形・割れ等の狂いは生じにくい。
    しかし台板と単板を糊で接着しているため、何かのトラブルの拍子に単板が剥がれる場合がまれにある。
  • 寿命研磨をすることにより、リフォームが可能で、床材としての寿命が長い。
    特にLVLは、その高い強度が特徴。以前は生産性の低さが欠点であったが、現在は解消済み。
  • コストコストは無垢フローリングと同等ですが、LVLの場合は無垢フローリングよりも製造コストがかかることがあります。

このページのトップへ戻る

集成フローリング(複合フローリング)
  • 集成フローリング
  • 特長通常の木材では得られない大きな断面のもの、湾曲した形状のものを作ることができます。またスギなどの間伐材や歪みの出やすい松材などを有効に活用できます。
  • 加工木材の素材そのものよりも強度のばらつきが小さいため、設計強度を大きく取ることができます。
  • 変形乾燥による変形・割れ等の狂いが生じにくい。
  • 寿命研磨をすることにより、リフォームが可能です。
  • コスト無垢フローリングよりも製造コストがかかります。

このページのトップへ戻る

家庭用フローリング(複合フローリング)
  • 家庭用フローリング
  • 特長フローリングというよりもボードといった方が近く、合板の台板の上に、0.1〜0.5ミリ厚に木を桂むきしたフイルム状ものを貼り合わせたものです。
  • 加工無垢や通常の積層フローリングに比べ、材料の使用効率が飛躍的に優れていますが、作成サイズに幅があります。
    台板は繊維方向がクロスするように構成されているため、狂いが発生しにくい。
  • 変形外光に弱く、表面材が変形・割れを起こしやすい。寿命強度は表面の塗装に頼っているので、塗装が摩耗した後の寿命は短く、研磨もできません。
  • コストコストは格段に安い。

このページのトップへ戻る